FC契約で失敗しないためのコンビニ本部調査ガイド

HOME » コンビニとのFC契約に関するQ&A » 上手な本部とのつき合い方

上手な本部とのつき合い方

ほとんどのコンビニが開業後もサポートをしてくれます。本部にしてみれば、各店舗の成功が本部の成功にもなるからです。
SVが商品仕入れや経営戦略についてもアドバイスしてくれますし、経営システムを導入しているコンビニもあります。

スタッフ育成についてもミニストップには独自の従業員教育システムイエローテイル・プログラムがありますし、ファミリーマートにはストアスタッフトータルシステムがあり、大変なスタッフ育成をフォローしています。
コンビニによっては、急にスタッフが休んだ場合や経営者がどうしても仕事を休まなければならないときに、応援を出してくれるところもあります。

大切なのは同じ方向を向くこと

こういった本部ごとのサポート体制はどの店舗も受けられますが、それでも中には撤退を余儀なくされる店舗もあります。それはなぜでしょうか。

成功の秘訣は、「本部と経営者が同じ方向を向く」ことです。
もちろん経営者の裁量で店舗運営はできますが、例えば本部が押している主力商品を扱わなかったり、キャンペーンに協力しなければ、同じ方向を向いていることにはなりません。

本部と店舗の架け橋となるSVとの関係が悪ければ、必要な情報を入手することもできません。
どんな商品が消費者に求められているのかは利益を挙げるための重要な情報ですし、こちらの意見を伝えてサポートしてもらう場面も多々あるはずです。
異動や退職によるSVの交代で、本部との関係が悪化したという例も耳にしたことがあります。
店側でSVを指名することができませんから、相性が合わないSVが担当になったことで、店の雰囲気までもが変わってしまった、という例もあるそうです。

経営を成功させるために

しかし、目的は同じはず。店舗の経営を成功させることに他なりません。
人間対人間のやりとりなので、ときには衝突することもあると聞きます。しかし目標を見失わず、必要な場面では、しっかりと話し合ってほしいと思います。

また、困ったことや改善してほしいことがあったら何でも積極的に相談してください。それがSVの仕事ですし、店舗がよくなるためだったら協力を惜しまないのが普通です。
SVは頼れるパートナーとして、また本部もビジネスパートナーとして同じ目線でいい関係を築くことが大切です。

 
FC加盟したいコンビニ店検証サイト