FC契約で失敗しないためのコンビニ本部調査ガイド

HOME » コンビニとのFC契約に関するQ&A » 開業までのスケジュール

開業までのスケジュール

コンビニといっても、各社でシステムも異なりますし、開業までの流れも若干は違うと思いますが、ここでは一般的なフローを紹介したいと思います。

まずは、いくつかのコンビニの候補を絞ったら、説明会に出席することもお勧めします。
説明会に出たからといって、その後にしつこく勧誘されるようなことはありませんし、各社の説明会に出席することも自由です。
ロイヤリティーの算出方法や初期費用など、どうしてもHPやパンフレットからだけでは把握しきれない面があります。
それはHPで明らかにしていないわけではなく、ややこしすぎてHPで簡潔に表現しきれない面もあるのだと思います。

一般的な流れ

  1. 説明会で経営に興味を持った場合、さらにもう一度システムの内容を個別で確認します。
    そして契約するための契約タイプ選びます。
  2. 土地や建物を経営者が用意する場合は、本部の担当者と相談しながら立地条件を検討し、物件を絞り込んでいきます。
    本部側が土地や建物を用意する場合は、物件を紹介してもらいます。
  3. 本部側が収益の見込みなどをまとめた書類を用意してくれるのでそれに目を通し、加盟する意志を再度確認して契約となります。
    この間、2週間程度を設けている本部もあります。
  4. いよいよ契約です。
  5. 店舗工事が始まります。
  6. 研修を終えて最終的な開店準備に入ります。

意志を固めてから本契約に

本部側が土地や建物を用意してくれる場合はスムーズですが、自分で土地や建物を用意する場合は、数ヶ月かかるのが普通です。
この間の生活費などは貯えておく必要があります。

本部としても年間の保証金額を払うケースをありますし、本気で経営に取り組みたいと考えている人でなかったり、適性がないと判断された場合は、事前の審査で断られるケースもあります。
どんなお店をどんなふうに経営していきたいのか、しっかりと意志を固めておきましょう。

 
FC加盟したいコンビニ店検証サイト