FC契約で失敗しないためのコンビニ本部調査ガイド

HOME » FC加盟でコンビニ経営を成功させるコツ » 頼れるスタッフを育てる

頼れるスタッフを育てる

コンビニに限ったことではありませんが、事業を成功させるために必要不可欠なポイントは、良いスタッフに恵まれることです。
どんなに経営者が努力をしても、一人で経営をすることはできません。経営者だって適切な休暇を取らなければ体も精神も持ちません。
24時間働きっぱなしというのも無理な話で、いかに信頼できるスタッフに勤務してもらえるかが経営を成功させる鍵となります。

コンビニ経営に行き詰まった人の話を聞くと、やはりスタッフの不足が原因になることもあるようです。
無断欠勤や突然の欠勤、人手不足のために経営者が常に店舗に立ち、結果として体調を壊してしまうケースもあるようです。

スタッフを育てるのも経営者の仕事

良いスタッフに来てほしいのはもちろんですが、誰だって最初は不慣れで失敗もします。大事なのは、良いスタッフに育てることで、これも経営者の仕事の一つです。
人にはそれぞれ個性がありますから、すぐに飲み込めるスタッフもいれば、覚えが悪いスタッフもいるでしょう。
大きな声を出すことを恥ずかしがる年代もあるはずです。そういったことにも配慮しながら、ときには長い目で育てることも必要です。

どうしてその仕事が必要なのか、その理由を明確にすることも大事ですし、実際にやって見せることも役立つと思います。
また、出来たときはしっかりと褒め、モチベーションを高めることも重要だと感じます。

良いスタッフとは?

そもそも良いスタッフとは、どういうスタッフでしょうか。まず休まない。これが一番かもしれません。突然休まれてしまうと、店がまわらないだけでなく、他のスタッフの負担も大きくなります。
ですから、責任感や休まれると困ることなど、明確に伝えることも必要でしょう。

また、一緒に、同じ目線で店作りを考えてくれるスタッフは、良いスタッフだと思います。そのために良い店作りを一緒にしようというような、ビジョンや目的意識を持ってもらうことも大事です。
販促のためのPOP作りを任せたり、ゴミ整理のための方法を考えてもらったりと、より責任のある仕事をお願いして目的意識を高めるのも手段の一つだと思います。
良いスタッフを育成することで、経営者の負担はだいぶ減るはずです。

 
FC加盟したいコンビニ店検証サイト